あらゆるスポーツがギャンブルの対象

サッカー

ブックメーカーは、1790年代にイギリスの競馬場で始められたヨーロッパの賭け屋で、独自に設定した掛け率を提示して投票を募り、的中者にのみ配当金を支払うということからサービス内容自体は日本のノミ屋に類似しています。しかし、イギリスでは1960年に政府が承認しているために合法という点が決定的に違っています。

また、ブックメーカーはあらゆるスポーツをギャンブルの対象としているという点も、日本のノミ屋とは大きく異なるポイントです。しかもオリンピックやワールドカップといった世界的なビッグイベントだけではなく、日本のプロ野球や大相撲などのローカルイベントもチャンネルとして提供しているので、様々なジャンルのファンが参加できるという点が魅力となっています。

なお、日本では競馬などの公営競技以外のギャンブルは禁止されていますが、海外の正規の業者が運営しているブックメーカーに自宅からお金を賭けても捕まるような心配はまずありません。何故ならギャンブルを摘発する際に適用される賭博及び富くじに関する罪は、複数の関与により成立する対向犯と規定しているからです。このために、海外の業者を捕まえられない以上は、客だけを捕まえられないということになります。仕組みとしては、海外旅行でカジノで遊んでも帰国後に問題にならないのと同じです。

Menu