海外のスポーツにもベット

PC

ブックメーカーは、オッズを提示して客からの投票を募り的中者に配当金を支払うという日本のノミ屋によく似たサービスです。ただし対象は非常に多様で、ダービーなどのホースレースだけではなく、オリンピックやワールドカップ、WBCなどあらゆるスポーツにベットできます。さらに、大統領選やアカデミーのオスカー、クリスマス当日の天気などスポーツ以外の出来事も賭けの対象となります。

なお、ブックメーカーは元々はイギリスではじまったのですが、時代を経るに従いカナダやシンガポールなど様々な国や地域で行われるようになっています。さらに、インターネットが普及したことによりワールドワイドになり、現在では世界中でサービスを利用できるようになっています。

ちなみに、日本では公営競技以外にお金を賭けることは禁止されていますが、外国の正規の業者が提供しているサービスを自宅から利用したような場合は罪に問われるという心配はありません。これは、ギャンブルを摘発する際に適用する「賭博及び富くじに関する罪」は業者と客の双方の関与により成立する対向犯と規定されているので、どちらか一方だけに責任を負わすことは出来ないからです。

つまり、海外の業者を国内法で摘発できない以上は、客だけが捕まるという心配はありません。このために、ファンとしての知識を生かして「Sports Betting」を楽しむことが出来ます。

Menu